歯科医の鉄則


断層長さ500キロ、8メートルずれる=チリ地震、M8.6と算出−東大地震研(時事通信)

 日本に浸水などの津波被害をもたらしたチリ中部沿岸で起きた巨大地震について、東大地震研究所は1日、震源断層の長さは450〜500キロ程度とする解析結果を発表した。世界最大とされる1960年のチリ地震は600〜1000キロ程度とみられ、約半分だった。
 断層面のずれは最大8メートルで、これらの結果から算出した地震の規模(マグニチュード=M)は8.6。エネルギー量は、60年チリ地震(M9.5)の約30分の1だった。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震〜日本にも津波〜
地震による火災か、黒煙覆う=衛星「だいち」、チリ観測
2億7000万円上限に資金援助=日本政府、チリ大地震で

海上保安官を懲戒免職=給食費など280万円着服−鹿児島(時事通信)
JR京浜東北線、人身事故で全線運転見合わせ(読売新聞)
<火災>住宅全焼 認知症の母親と帰省の長男焼死か 長野(毎日新聞)
41年目の赤軍派元メンバーたちが京都に集った理由とは?(産経新聞)
2人強盗殺人「供述記憶ない、書面心当たりない」 鳥取地裁(産経新聞)
[PR]
by jo5xvmkxh1 | 2010-03-06 01:35

<< 「私にも責任」石川議員、離党後...      郵便不正の上村被告「検事に圧迫... >>

歯科医ならば、これだけは守れ!
by jo5xvmkxh1
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧